水道修理が難しいときは設備交換が必要

水道のトラブルの修理では、ちょっとした修理で対応できる場合もあれば、設備の交換をしなければいけないケースもあります。これは実際に業者の人に調べてもらうことで分かるでしょう。それぞれのケースについて簡単に紹介します。

■簡単な修理で対応できるケース

たとえば、水が流れずにつまっている場合には、薬剤を使用することで簡単に流れるようになることが多いです。それでも無理ならば、トイレであれば便器を取り外し、キッチンであれば高圧洗浄を実施することもあります。水漏れについては、パッキンやカートリッジを交換したり、給水管や排水管を交換したりして対処します。これらは基本的に簡単な修理であり、その場で対応してもらえることが多いでしょう。ただし、部品や配管の交換については材料費が余分にかかってしまいます。



■最悪の場合は設備交換が必要

簡単な修理や交換では対応できないケースがあり、その場合は大掛かりな設備交換となります。たとえば、給湯器の本体そのものが故障してしまった場合には、給湯器 交換を頼まなければいけないでしょう。この場合、すぐに対応してもらうことは難しく、新しい設備が納品されるまで待たなければいけないケースもあります。屋外にある排水設備の入れ替えをする場合もあり、これも大掛かりな工事となるでしょう。




■まとめ
設備交換が必要になるトラブルの場合は費用が高くなってしまうため注意しましょう。日頃から定期的にメンテナンスをしていれば水道のちょっとした水漏れやつまりを見逃ことはなく、大掛かりな工事が必要なトラブルを防ぐことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ