水道の修理を依頼する前にするべきこと

もし水道のトラブルが発生したならば、修理してもらうために業者を呼ぶことになります。しかし、実際に業者を呼ぶ前に応急処置をしておき、原因を探っておくことが大切です。詳しい状況を把握しておかないと、業者に連絡するときに困ってしまうこともあります。業者を呼ぶ前にするべきことを紹介します。

■止水栓を閉める

水漏れが起きているならば、そのまま放置してしまうと周りが水浸しになってしまうかもしれません。そこで、まずは止水栓を閉めることによって、水漏れを防ぎましょう。それでも水漏れが止まらないようであれば、元栓を閉めましょう。そうすれば、とりあえず水漏れは起きなくなります。止水栓の場所が分からない、そもそも存在しないケースもあるため元栓を閉める方が確実です。



■トイレのつまりはラバーカップを使う

他の場所と比較するとトイレは特に水のつまりやすい部分です。トイレットペーパーを大量に流してしまったときに起きやすいです。この場合、ラバーカップを用いることでつまりを解消できるケースがよくあります。ただし、トイレットペーパーの芯やその他の異物がつまっている場合にはラバーカップでも対処できないことがあり、この場合は業者に任せるしかありません。



■まとめ
自分でどうしようもない場合には水道 修理の業者に頼ることになります。しかし、水道修理業者に連絡する前に、水の流れを止めるなど自分でできることもあります。突然の出来事で焦ってしまうこともあるでしょうが、落ち着ついて状況を把握してから連絡するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ